【カードゲーム紹介】オフトゥンからの脱出【あと5分・・・の誘惑】

今回紹介するアナログゲームは「オフトゥンからの脱出」です。

「オフトゥンからの脱出」ってどんなゲーム?

大学生活におけるオフトゥン(お布団)との戦いをモチーフにしたカードゲームです。
体力の温存を優先するか、学力(=得点)を優先するか。
その配分を考えていきつつ、学力を他プレイヤーと競り合うゲームとなっております。

プレイ人数
1~5人
プレイ時間
10分
推奨年齢
13歳~
制作
へりくつ工房
ゲームデザイン
天空 薙

コンポーネントはこちら。

  • 敷き&掛けオフトゥンカード:10枚(5組)
    オフトゥンからの脱出_オフトゥンカード
    体力ゲージを表しています。
    0になってしまうと頭からすっぽりとオフトゥンを被って、お寝坊さんになってしまいます。
  • 起床カード:20枚(4 種*各5枚)
    オフトゥンからの脱出_起床カード
    各プレイヤーの手札となるカードです。
    それぞれ、「早くおきる」「ふつうにおきる」「あと5ふん」「サボる」があり、それぞれに体力ゲージの減少や試験フェイズにおける学力ポイントが異なります。
  • 授業カード:27枚(6種)
    オフトゥンからの脱出_授業カード
    授業フェイズにおける学力を得るためのカードです。
    それぞれに得られる学力ポイントと消費する体力が異なります(消費しないものもあります)
    そのほか、特殊効果カードもあり、獲得できれば体力の大幅回復などを行なうことができます!
  • 説明書:1枚

標準ルール:みんなでプレイ

勝利条件

試験フェイズで最も得点を獲得したプレイヤーが勝者となります。
同点の場合、授業カードをより多く獲得したプレイヤーが勝者となります。

準備

オフトゥンカードのセット

各プレイヤーは体力が5になるように敷きオフトゥンカードと掛けオフトゥンカードを置きます。
オフトゥンからの脱出_通常ルール初期位置

手札の準備

起床カード(「早くおきる」「普通におきる」「あと5分」「サボる」)4枚を1組にして、各プレイヤーに配ります。

授業カードの山を作る

全ての授業カードをシャッフルしてから、裏面を上にして置いておきます。
これを授業カードの山と呼びます。

親プレイヤーの決定

今日の起床時間が遅いプレイヤーが親となります。

受講フェイズ

下記処理を1ラウンドとし、4ラウンド終了後に次の「試験フェイズ」に進みます。

  1. 授業カードの公開
  2. 起床時間の決定
  3. 到着順の決定・授業カードの取得

授業カードの公開

授業カードの山からプレイヤー人数分の授業カードを公開します。(この公開した授業カードを「場」と称します)
※ただし2人プレイ時には「3枚」の授業カードを公開します。

※場に「寒い日」カードが出た場合にはカードの効果を処理します。

起床時間の決定

各プレイヤーは手札から起床カードを1枚選択し、裏向きで伏せます。
全てのプレイヤーが伏せ終わったら、同時に起床カードを公開します。

※体力が0のプレイヤーは「サボる」以外の選択が出来ません。

起床カードを公開した際、場に「授業の後は飲み会」カードが出ている場合には「サボる」を出したプレイヤー以外はカードの効果を処理します。

到着順の決定・授業カードの取得

次の順番で場の授業カードを取得していきます。

  1. 「 早くおきる」を選択したプレイヤー
  2. 「 ふつうにおきる」を選択したプレイヤー
  3. 「 あと5分」を選択したプレイヤー

※体力の有無に関わらず、「サボる」を選択したプレイヤーは授業カードの取得ができません。

同じ起床カードが公開された場合には、より体力が大きいプレイヤーから先に授業カードを取得します。
体力も同値の場合には、親プレイヤーから時計回りに近いプレイヤーから取得していきます。

授業カードを取得したら、起床カードと授業カードにしたがって、体力を変更します。
この時体力が0以下になった場合は0となります。
また、体力が10以上になった場合も10となります。

その後、場に出した起床カードを手札に戻します。

4ラウンドたっていない場合には、授業カードを最後に取得したプレイヤーが次の親プレイヤーとなり、受講フェイズを再度行なっていきます。

4ラウンド経っている場合には試験フェイズへ進みます。

試験フェイズ

受講フェイズの4ラウンドが終了後、試験フェイズを行います。各プレイヤーはそれぞれ、下記の手順を行い、試験フェイズの点数を計算します。

  1. プレイヤー全員の起床カードを集め、シャッフルして、山にします。
  2. 山から自分の体力分だけ起床カードを引きます。
  3. 引いた起床カードに書かれている点数と、受講フェイズで獲得した授業カードの合計点を計算します。

以上の合計点が最も高いプレイヤーの勝利となります!
オフトゥンの誘惑に負けず、しっかりと授業に参加したプレイヤーに盛大な拍手を!

 
 
次ページでは一人用プレイルールの説明を行っております!