【カードゲーム紹介】あわてんぼうのサンタクロース【急いでリンリンリン】

2020年2月29日

今回紹介するアナログゲームは「あわてんぼうのサンタクロース」です。

「あわてんぼうのサンタクロース」ってどんなゲーム?

24日に到着してしまったサンタクロースとなって25日に誰よりも早くプレゼントを配れるように時間を測ります。

ただし、時計は家に忘れてしまったため、体感で時間を測らないといけません!

他プレイヤーが測った時間も考慮しつつ、誰よりも早く25日にプレゼントを配れるようにがんばりましょう!

「あわてんぼうのサンタクロース」の基本情報

プレイ人数
3~5人
プレイ時間
5分
推奨年齢
8歳~
制作
HLKT工房
ゲームデザイン
天空 薙
通販サイト
あわてんぼうのサンタクロース – HLKT工房BOOTH店 – BOOTH

HLKT工房さんの既存作品、「オフトゥンからの脱出」!

コンポーネント(内容物)

  • サンタカード:5種×2枚
  • 時間カード:4種×各5枚

「あわてんぼうのサンタクロース」のルール

準備

各プレイヤーはピンク、赤、緑、オレンジ、青の中から自分の色を決めます。

それぞれの色のサンタカードと2、4、8時間のカードを持ちます。

自分の色が全プレイヤーから確認できるように、サンタカードの1枚を自分の前に置いておきます。

一番最近サンタさんからプレゼントを貰ったプレイヤーが最初のターンプレイヤーとなります。

ターン信仰

場にカードがある場合、一番上のカードを自分だけが見ます。

その後、手札のカードを1枚、裏向きで場のカードの上に乗せます。

あわてんぼうのサンタクロース_ターン

カードを乗せたら、次プレイヤーのターンとなります。

終了処理

すべてのプレイヤーが手札を出し終わったら、ゲームスタート時を24日の0時として最初に出されたカードから順にめくっていき、以下の処理を行います。

時間カードの場合

そのカードに書かれた数値分、時間を進めていきます。

サンタカードの場合

24日だった場合には1時間進めます。

25日0時を過ぎた最初のプレゼントだった場合そのプレゼントをおいたプレイヤーの勝利となります。

あわてんぼうのサンタクロース_終了処理

バリアントルール

スキップタイム

最初に配る時間カードに0を加えて、初期手札を5枚としてゲームを始めます。

ランダムシャッフル

最初に配る時間カードをランダムに配ります。

2倍速モード

自身のターンで出せる枚数を1枚ではなく、1~2枚まで出せるようにします。

繰り返すクリスマス

「何回でもプレゼントを配りたい!」

そんな方にはこちらのバリアントルール。

勝利条件を満たしたサンタカードよりも前に置かれている時間カードを以下の点数で計算していきます。
サンタカード:30点 / 8カード:16点 / 4カード:6点 / 2カード:2点

ラウンドを繰り返していき、合計得点が100になったプレイヤーが勝者とします。

「あわてんぼうのサンタクロース」の魅力

基本ルールはすごくシンプルです。
1ゲームあたり5分で遊べるので、ちょっとした空き時間で遊べちゃいます。

ただし!
シンプルがゆえに考えるべき部分は一筋縄ではいきません。

24時間分の時間カードが出されてから1番最初にサンタクロースカードを出さないといけないのですが、出されているカードの内見れるのは自分の一つ前のプレイヤーが出したカードだけ!

そのため、他プレイヤーが出したカードは1つ前のカードから推測していくしかありません。

その計測が最も正しかった人がゲームに勝利をするのです!

バリアントルールも複数用意されており、組み合わせ次第でゲーム性が大きく変わります!

そんな「あわてんぼうのサンタクロース」は下記サイトにて入手可能です!!
あわてんぼうのサンタクロース – HLKT工房BOOTH店 – BOOTH

ぜひ、購入して遊んでみてください!

HLKT工房さんの既存作品、「オフトゥンからの脱出」の紹介記事も要チェック!