【簡単だけど面白い!】手軽に楽しめるボードゲーム6選

2019年1月20日

「ちょっとした休憩時間にボードゲームを遊びたい!」
「仕事終わりに少しだけカードゲームをやりたい! でも重いものは・・・・」
なんていうことありませんか?

今回はそんな時にでも楽しめるボードゲーム&カードゲームを紹介したいと思います!
※1ゲームが15分~30分までのものを選出しております。

たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:15~30分

山札から引いた6枚のカードと初期6枚のカードでプロポーズの言葉をつむぐワードゲームです。
親と子に分かれて、子は10秒の間にプロポーズの言葉を考えます。

10秒経ったら、順番にプロポーズをしていきます。
その時指輪を差し出すのと、最後に「結婚しよう」というのを忘れずに!

詳細はこちらからどうぞ!

blokus(ブロックス)

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:20~30分

ブロック同士の点だけを合わせて繋げていく陣取りゲーム!

相手のブロックとは辺同士がぶつかってもいいけど、自分のブロック同士は点でしか繋がらないようにする。という簡単なルールです。

勝敗はポイントによって決まるのですが、いくつ置いたかを数えるのではなく、手元に残ったブロックのマス1つに付きマイナス1ポイントして数えて、マイナス点が少ないプレイヤーの勝利となります。
全部置いた場合にはボーナスポイントが付与されますので是非目指していきましょう!

ブロックスは様々なバージョンが出ており、台座の形によって戦略性も変わってきます。
持ち運びに適したタイプもありますし、インテリアにも使えるものも多いです。
是非、オフィスに一つ置いてみてはいかがでしょうか?

ガイスター

プレイ人数:2人
プレイ時間:20分

悪いオバケは押し付けて、良いオバケを奪い取る。
ルールは簡単ですが、相手の考えや行動を読み取る力とハッタリが重要なゲームです。
相手のオバケが何なのかを考え出すと長考に入ってしまいますが、そこは運を天に任せるしかありません。

詳細はこちらからどうぞ!

タブーコード

プレイ人数:2~8人(やろうと思えばカード枚数分である30人まで可能)
プレイ時間:1分~無限

カードに書かれた内容を行なわないようにするパーティーゲームです。
30枚から1枚引いたカードは自分は見ないようにして、他の人に見せておきます。

あとは普通に話をするだけ。
タブーが分かったら「解除!」と言いましょう!
解除したプレイヤーか最後まで残ったプレイヤーの勝利です。

※ちなみにカードには上下逆にタブーが2つ書かれているので、何がタブーかが分かりづらくなっています。

詳細はこちらからどうぞ!

mechriv

プレイ人数:1~何人でも
プレイ時間:5~20分

ランダムに選んだメックと都市カードを使って暴走したメックを止めるカードゲームです。
各メックには移動出来る場所と攻撃できる場所が決まっており、それらを考慮して最速の一手を考えるゲームです。

5体のメックはどれもTHEロボ!という見た目でロボット好きにはたまらない構成となっております。

詳細はこちらからどうぞ!

Zooっと一緒

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:15~30分

「動物園の外を見に行こう!」
どうぶつたちは手をつないで動物園の外に向かいました。

Zooっといっしょは協力型のボードゲームで、基本のルールは道を作る/道を進むの2つです。
4隅にあるマンホール(出口)が開いていれば脱出一歩手前!
小さな子どもでも遊べる気軽なゲームですが、大人でも運次第では脱出不可能という程よいバランスのゲームです。

詳細はこちらからどうぞ!

まとめ

以上、手軽に楽しめるボードゲーム6選でした!

今後も手軽に楽しめるボードゲームを入手したりしたらどんどん紹介していきますので、皆さんも遊んでみてください!!